子供がかかりやすい病気

ただの軽い風邪だと甘く見ていたら、いつの間にか中耳炎に罹っていました

R45 / 26/12/2017

我が家の第一子である息子は現在7歳。

今でこそだいぶ体力もついて丈夫にはなってきましたが、5歳くらいまでは2か月に1度の頻度で風邪をひき熱を出していたような気がします。

最初は鼻水や軽い咳を伴う一見大したことなさそうな症状の風邪なんです。

なので、こちらもこれくらいの症状なら様子見でいいかなと放っておいたのが間違いでした。

子供って鼻を上手くかめないために、ついつい強くすすってしまう子が多いですよね。

我が子もそうでした。すごい勢いでズズーって吸い込むのです。

それが災いして、だたの軽い風邪だったのがいつの間にかひどい中耳炎に罹ってしまいました。

息子が耳が痛いと言い出した時には、もう両耳の鼓膜が真っ赤に腫れあがって熱も38度を超える高熱が出ていました。

その1週間前にも38度近くの熱を出していたのですが、すぐに下がったためにもう風邪は治ったものだと思い込んでいたのです。

耳鼻科を受診した時点で、耳の中の腫れがひどかったので結局両耳の鼓膜を切開する大事になってしまいました。

その後も息子は風邪をひくとすぐに中耳炎を併発するようになってしまい、抗生物質を服用して治療。治った頃にまた中耳炎になる、を何度となく繰り返しました。

周りのお友達でもけっこう風邪から中耳炎を併発する子がとても多くて、このことから中耳炎は子供が罹りやすい病気だと言えると思います。

最近は鼻水を上手にかめるようになったためか、以前のようにすぐ中耳炎になってしまうことはグッと減り、こちらもだいぶ楽になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です